糖尿病かもしれない※むくみや疲れやすさが改善したある方法

疲れが取れなくて糖尿病の症状にぴったり当てはまってました

「もしかしたら糖尿病かもしれない…」

こんな風に考えるとどんどん元気がなくなっていきました。

というのも、からだのむくみが気になったり、日中は常にだるくて疲れやすく、寝ても疲れがとれていないと感じることが増えていました。

さらに喉がよく渇くし、体調がよくないなど、これはおかしいと感じて調べてみたら糖尿病の初期症状と言われるものに見事に当てはまっていました。

 

「これ以上悪化しないようになんとかしないと」と焦る気持ちもあり、様々調べてみたらある方法のおかげで体調が回復出来ました。

私と同じように悩んでいる人の参考になったら嬉しいです。

 

 

糖尿病になる原因を調べてみました

糖尿病には大きく2つの分類があります。

それが1型糖尿病と2型糖尿病です。

 

1型糖尿病とは、体内の免疫細胞が血糖値を下げる働きをするインスリンを分泌するすい臓を攻撃してしまうためインスリンが正常に出なくなっている状態です。

遺伝や体質の問題ではないかと言われています。

 

2型糖尿病とは上記以外でインスリンの分泌量が少なくなり体内の血糖値が下がらずに起こってしまうものです。

こちらが私達がよく耳にする糖尿病の方です。糖尿病の方の約90%が2型糖尿病由来ということで、糖尿病かもしれないと思ったらまずこちらを疑うべきですね。

その原因には以下があります。


・食べ過ぎ
炭水化物や甘いものを必要以上に食べたり、アルコールの飲み過ぎはインスリンの働きが悪くなってしまいます。


・運動不足
運動によって細胞内の糖がエネルギーになり、その結果血糖値が下がるのですが、運動不足では体内の循環が悪く糖がエネルギーになりにくくなってしまいます。


・肥満
内蔵脂肪によってインスリンの働きが弱まってしまいます。


・ストレス
ストレスが高い状態が続くと高血糖になる物質が分泌されます。

 

これらの原因には共通点があり、それは体内でインスリンの働きが弱まっていることです。

そしてその理由が生活習慣によって引き起こされる身体体液の循環の悪さです。

血液やホルモンの循環をキレイにしてあげることで、自然と高血糖の状態や糖尿病を避けることが出来るのです。

 

 

血液やホルモンの循環を良くする方法は?

インスリンの働きを良くするためにはホルモンバランスが正常なことが重要なので、規則正しい生活をするように心がけました。


三日坊主の私ですが、今回ばかりはと決めて1ヶ月は食事・運動に気をつけました。

 

食事で特に気をつけたのが体内の循環を良くする食べ物を積極的に摂ったことです。

例えば、

たまねぎ
納豆
しょうが
海藻類
かぼちゃ
ほうじ茶
梅干し

などです。


血液が隅々まで行き渡って老廃物がしっかりと排出されるように汗をかく習慣をつけようと、朝や仕事のない日は日中のウォーキングもしていきました。

ですが、最初は意気込んでいたものの、極端に生活習慣を変えたためか段々いつもの食事に戻るようになり、食べたいものが中心の生活になってしまい、規則正しい生活も途中から忘れてしまっていました。

 

 

漢方の使って身体の循環を良くする方法

食事や生活習慣を変えるのはどうしても難しかったので、何か別な方法はないかと探していたら、ある記事が気になりました。


それが漢方を使ったサプリの「白井田七」です。


インスリンの働きを抑制している原因の身体の循環を良くしてくれるサポニンが沢山入っていて、身体の新陳代謝を高めてくれるものです。

 

ですが、始めは「サプリなんかで身体の循環が良くなるのかな・・・?」と疑っていたのですが、自分で食事や運動を変えてもどうしても元の生活に戻ってしまうことの繰り返しです。


「それならこっちを試してがんばってみよう」と、糖尿病かもしれないという不安な気持ちから解放されるかもと思って使い始めました。

 

すると約1ヶ月くらいたった頃でしょうか、以前よりも明らかに身体の調子がいい日が続くようになったのです。

この頃から友達やパート先の同僚からも「最近肌ツヤがいいね」と言われることが多くなりました。それで続けてよかったと確信に変わりました。

今でも毎日欠かさず飲んでいます。

 

 

サプリは人工的なもので前から好きではなかったのですが、このサプリは100%オーガニックで有機JAS認証されているので国の認可がある安心感と、漢方系なので身体にも優しいところが気に入っています。

また何よりも自分が元気になり、日中のダルさや疲れが取れないといった感覚がなくなったのが本当に嬉しいです。


糖尿病や高血糖で悩んでモヤモヤしていた日々から抜け出すことが出来て幸せです。

 

白井田七の詳細をみる>>